【Photoshop不要】画像の背景だけを一瞬で切り取って(透明にする)くれる便利ツールまとめ|なんだかんだCanva Proが最強だった。

こんにちは!ハルです。

今日は、人物などの画像の背景を一瞬で切り取って、透明(透過)にしてくれる便利ツールをいくつか紹介していきます。

この記事を読んでいる方はもちろん知っていると思いますが、画像の背景を削除して、透明にすることで、ヘッダーやアイキャッチなどでオリジナルの画像が作成できます。

元々はフォトショップなどを使ってできる作業ですが、デザイナーさんでないとなかなかフォトショップってとっつきにくいし、コストも月額でけっこうするんですよね・・・。

でも、今回紹介するツールを使えば、

  • 無料
  • 数回のクリックのみ(※難しい処理は一切必要なし!)

で、誰でも簡単に画像や写真の切り取りができてしまいます。

いくつかツールはあるのですが、安全性や使いやすさなどから、最後に一番おすすめのツールもお伝えするので、ぜひ最後までお付き合いください。

簡単数クリックで画像の背景を切り取って透明にするツール4選

切り抜きAC

まず初めに、切り抜きACを紹介します。

アフィリエイトやブログをもうすでにやってるよ〜という方であればピンと来ている方も多いと思いますが、写真ACやイラストACなどの月額制の素材サービスを展開するACワークスのサービスです。

ACワークスの良いところといえば、やはり月額制のサービスで使い放題、というところですよね。私もACワークスさんでアカウントを持っていて、写真ACやイラストAC、そのほかシルエットACなどの素材が取り放題になってます。

また、無料版は実は1日にダウンロードできる素材の量が限定されたりもするのですが、無料でも全然使えるサービスとなっているので、本当に登録だけしていても損はないです。※ピクスタとかフォトストックとか素材サイトって色々あるんですが、1枚に数千円したりとか、結構馬鹿にならないんですよね。。

それが、月額1217円で取り放題になるので、これはもう本当に神サイトと言っても過言ではない。。(私もしっかり有料課金して、使い倒してます!)

 

と、そんな素材サイトとしてもかなり有益なんですが、背景切り抜きツールとしてもリリースされたのがこの切り取りAC。

画像をドラッグ&ドロップでアップロードし、ワンクリックで切り抜きできちゃう手軽さです。切り抜き部分はAIが自動判定してくれます。判定の精度については、申し分ないですよ。(※気になるのであれば、まずは無料なので、まずはご自身でも試して見てくださいね。)

>>切り抜きACを試す

また、こういうツールってアップロードするのってなんとなく抵抗あったりするんですが、切り抜きACはいつも使っているツールで、ログインすればマイページにアップロードされることになるので、安心なんです。

remove.bg

次に、remobe.bgというサイト。「背景 切り抜き」とかで検索すると、一番上に出てくるサイトです。

なので、この記事に辿り着く前に、何度か見たことある人も多いかもしれませんね。

このサイトも基本的にやり方は同じで、画像をアップロードして、クリックすらせずとも、5秒で画像背景を削除することができます。

便利なツールではあるんですが、ちょっと不安なのはサイト内の日本語の危うさ。。

特にこのマーカーで引いたところなんか、翻訳ツールで訳したものをそのまま使ってる感じがモロわかりです。おそらく、中華製のツールなんでしょうけど、このサイトに大切な写真をアップロードするのはかなり抵抗があります。。

なので、あくまでも使用は自己責任でお願いいたします・・。※こういった理由からサイトへのリンクは貼らないので、気になる方は、上で紹介した検索ワードで検索してみてください。

Adobe spark

3つ目が、Adobe sparkの背景除去ツール。Adobe sparkとは、イラストレーターやフォトショップなどを提供するAdobe社が提供する、SNS投稿やWebページをテンプレートから簡易的にデザイン性の高いものを作成できるツール。

登録と基本的な使用はAdobe XDと同じく無料で利用できます。元々、Adobeのアカウントを持っている方はそれで利用可能。

元々、Adobeという信頼できる会社ですし、ログインしてマイページに画像もアップロードされるので、個人情報やプライバシーなども安心です。

また、下記のように実際はログインせずともそのまま背景除去ツールを利用することもできます。

使い方も、画像をアップロードするだけで、クリックすらいらずに自動で背景を除去してくれますし、除去したあとはそれをダウンロードするだけなので、非常に簡単です。

>>Adobe sparkの背景除去ツールを試す

Canva pro

最後に紹介するのが、デザインテンプレートを利用して、簡単にデザイン性の高いヘッダーや画像などを作成できるCanva。

Canva自体は無料で利用できますが、その有料バージョンで背景透過ツールが利用できるようになります。

やり方としては、背景を除去したい画像を選んで、画像編集→背景透過でダウンロードするだけ。こちらも簡単に背景が除去された画像がダウンロードできるようになります。

背景除去(切り取り、透過加工)だけなら無料で使えるサービスで十分

で、結論として、背景除去だけのツールが使えれば良いという方は、無料でしかも会員登録さえいらないツールがあるので、それで十分

信頼性があり、無料で使える背景除去ツールとしては、切り抜きACかAdobeの切り抜きツール。どちらか使いやすい方を使ってみれば良いでしょう。(まずはどちらも使ってみて、どっちが良いか確認してみてください。)

まぁ、どちらもアップロードしてAIが自動判定して切り抜いてくれるので、使いやすさはどちらも同じくらいなのですが。。切り取りの精度に関しても、私が使ってみた感じ、どちらも精度よく切り抜いてくれたので、結論、どちらでもよいと思います。。

正直、写真ACとか契約してる人はAC使ったらいいだろうし、Adobe製品に慣れているという方はAdobe使えば良いというレベルです。。

ACワークスとCanvaのどっちを選ぶべき?

では、実はここからが本題

有料でお金を出して、背景除去ツール以外のデザインツールとして本格的にガッツリ使いたい、という場合はどれがおすすめ?というところ。

実際、背景を除去したいのって、画像を加工してヘッダーやSNS投稿用の画像を簡単に、ある程度オリジナリティが担保されているデザイン性の高いものが作りたいから、じゃないですか

で、そうなってくると、やっぱり月額で幾らかは支払ってもいいけど、使いやすくて高機能なもので作業効率が上がるもの、が必要になってくるわけで。

そうなってくると、やっぱりおすすめなのは、写真ACなどのACのサービスとCanvaになってくるわけです

で、それぞれもちろん無料で利用もできるのですが、まずACサービスの場合は、写真ACなどのサービスは有料会員でないと1日9ダウンロードまで。正直、これでは実際に色々画像を作成していくってなると全然足りません。また、Canva的な使い方のできるテンプレートACも、利用は無料ですが、ダウンロードするには有料会員になる必要があり、これまた有料会員にならないと実用的に使えるものじゃないです。

Canvaに関しては、逆に無料でもテンプレートACでいうところのデザイン性の高い画像やヘッダーが簡単に作れるのですが、この記事のテーマでもあった背景除去に関しては、有料のCanva proにアップグレードしないと利用できません。

じゃぁ一体、どうすればいいんだ・・・・。

 

となると思いますが、おすすめは両方有料会員で登録すること。どちらも月額1000円前後の料金なので、合計しても月額2000円ちょっとで両方とものツールを利用できます

アフィリエイトやブログを始め立ての方からすると、月額2000円は高い・・と感じるかもしれませんが、しっかり報酬がついてくると月額2000円は全く問題なくペイできると思います。(というかむしろ、有料会員になって作業効率やデザインのクオリティが上がることで受ける恩恵を比べると安すぎる・・と感じるほど。

どうせ、本気で取り組むならデザインツールは必要になってきますので。(初めからイラストや画像を外注するより全然安いので。)

どちらかというと、

  • サイト量産したいという方は素材がたくさん取れるACワークスのサービスがおすすめ。
  • 逆に、SNSアカウントの運用がメインだったり、ブログをオウンドメディアとして、統一感を持って運営、ブランディングしていきたい、という場合はCanva proがおすすめ

という感じで棲み分ける莞爾ですね。

デザインツールで1つ選ぶならCanva Proがおすすめ

ただ、どーしても2つは初めから荷が重い・・・という方の場合は、Canva Proの方をおすすめします。

なぜなら、サイト量産するよりも、SNSとか1つのオウンドメディアを運営する、といった用途で使うという方がやっぱり多いと思うからです。

サイトを量産となると、やっぱりニーズあるのはゴリゴリのアフィリエイターくらいだと思うので。。(最近はアフィリエイターでもあんまり量産する人いないですしね。)

 

また、使いやすさ、という部分で言っても、Canvaなら、素材と加工が一つのキャンバスで一元化できますし、アプリもあるので使いやすい、というメリットはありますね。

逆にACワークスは、サービスが他ページにまたがっているので、いちいち素材はこっちのサイトでダウンロードして、こっちのサイトでデザインを加工して、、というちょっとまどろっこしさを感じます

Canva Proの登録方法

では、最後にCanva Proの登録方法について簡単に説明しておきます。登録はすぐにできますよ。まずは、下記からCanvaの登録ページへどうぞ。※下記のリンク経由で今なら30日間の無料お試しが可能です。

【公式】Canva Pro 30日の無料トライアルページへ

ページへ飛んだら、「Canva Proを30日間お試しください」をクリック。

新規登録はメールアドレスや、グーグルアカウントで簡単にアカウント作成可能です。また、無料版のCanvaのアカウントを既に持っている方は、下の「ログイン」からログインしてください。

年払いと月払いが選べますが、お得なのはやっぱり年払い。でも、とりあえず無料で試してみたいだけだから、、という方は月額払いでもひとまずOK。

支払い方法は、クレジットカードかペイパルが選べます。

支払い方法を登録すれば、こんな感じですぐにCanva Proの全機能が使えるようになります。ね、簡単でしょ。

ちなみに、パソコンでもCanvaはアプリが利用できて、ブラウザよりもこっちの方が使いやすいので、登録したらアプリも忘れずに取得しておきましょう。※もちろん、 スマホやタブレットで使う場合はアプリが必須ですよ!

→Canva for Mac

→Canva for windows

また、「設定」→「契約」からいつでも有料のProを解約して無料版に戻すこともできるので、安心してください。無料トライアル中に解約すれば、もちろん料金は一切発生しませんので。

Canva Proで早速画像の背景除去・切り取りやってみた

ちなみに、Canva Proで画像の背景を除去する作業をやってみます。※今回はiPadのアプリでの背景切り抜きです。デスクトップ版では若干やり方が違うので注意してください。

とりあえず、なんでも良いのでキャンバスを選んで画像を選びます。今回はこの男性を選びました。

画像を選択すると「画像を編集」を選択します。「背景リムーバ」という部分をクリックすると・・・

こんな感じで背景切り取り作業が開始して・・

はい、出来上がり。めちゃめちゃ簡単な上に、精度も良いですよね。ぜひ、まずは登録して使ってみてください!今なら30日間は無料です。

【公式】Canva Pro 30日の無料トライアルページへ

画像の背景だけを一瞬で切り取って(透明にする)くれる便利ツールまとめ

  • 背景切り取りツールは、無料で使いやすいものを選ぼう。(画像をアップロードする必要があるので、信頼性の高いサイトであることは必須。)
  • 背景除外以外の利用用途で、これからメディアを本格的に運用していきたいなら、有料サービスには加入しておくべき。
  • サイトの量産ならACワークス、SNS運用やブランドサイトを運用ならCanva Proを選べば間違いない。
  • ただ、素材と加工が一つのキャンバスでできたり、ツールが一元化されて使いやすいので、どちらか選ぶならCanva Proがおすすめ。

追伸:ちなみに、Canva Proと無料版の違いについては、下の動画がわかりやすかったので、迷っている方は確認してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です